知名度よりサービスの質が重要!マンション管理会社の選び方
賢く選ぶ!本当に頼れるマンション管理会社【東京編】 » 理事さん必見!マンション管理会社の正しい選び方 » マンション管理会社選びでよくある6つの失敗例

マンション管理会社選びでよくある6つの失敗例

分譲マンションの管理会社を変更することは珍しいことではありません。しかし、管理会社の選び方を間違えると、せっかくの変更が失敗に終わってしまいかねません。

管理内容をしっかりと確認しないと失敗する

マンションの管理会社選びの基本は、そのマンションでどのような管理をしてくれるのかを確認することです。

当たり前のことですが、ここを疎かにすることで失敗するケースが少なくないようです。やってはいけない管理会社の選び方を見ていきましょう。

1.丸投げ意識で選ぶ

分譲を開始した時点で管理会社は決まっているものですが、ずっと同じ管理会社を使い続ける必要はありません。何らかの理由で管理会社を変更することはよくあること。しかし、管理会社をただ変えるだけで、すべてうまくいくわけではありません。

もちろん、多くの管理会社は管理組合側が黙っていてもキチンとした仕事をしてくれますが、丸投げ状態では管理が適切かどうか判断をできなかったり、勝手なことをされたりといったリスクがあります。

また、意図するしないにかかわらず、注文の多い顧客が優先されるのは世の常です。さらに、当事者意識が希薄だと管理会社選びも適当になってしまいかねません。

そうならないためには、一緒に管理していくパートナーを選ぶ意識が重要になります。そもそも、管理会社を変更する目的が何かを忘れなければ、丸投げにはならないはずです。

2.CMなどのイメージだけで選ぶ

テレビコマーシャルなどで露出が多いと、それだけで好感を持ってしまうことがあります。しかし、広告宣伝は自社の良いことしか言わないものです。また、実際にどのような管理をしてくれるのかもわかりません。

広告やCMに出ているタレントなどで管理会社の優劣を判断できるものではなく、ひとつの参考として考えましょう。失敗しないためには、イメージ先行で管理会社を選ぶのは避けるべきです

3.営業マンの話に飛びついて選ぶ

「営業マンを呼んでしっかりと話を聞いたから大丈夫だ」と思っていると、思わぬ落とし穴が待っていることがあります。

よくあるのが、営業マンの話と実際の現場の仕事がリンクしていないことです。一般に営業マンは契約獲得のためのセールストークを繰り出すものです。他社の管理物件に食い込むためには、おいしい話をするかもしれません。

それとは逆に、営業マンは当たり前のことを言っただけなのに、現場に問題があってトラブルになるケースもあるでしょう。どちらにしても、営業マンの話だけで飛びつかないことです。理事会でのプレゼンテーションなどを利用して、現場の担当者に来てもらい、話や人物をしっかり確認するべきです。

4.他人の評判を鵜呑みにして選ぶ

商品やサービスを選ぶ際に、他人の評判や口コミが役立つことも少なくありません。しかし、その話が事実だとは限りません。

また、事実であったとしても、自分のマンションに当てはまるとは限らないものです。

5.管理物件の多い業者を選ぶ

評判の良さとも関係しますが、管理物件を多く抱えている管理会社は実績があると判断されやすいと言えます。これだけ扱っているのだから、うちのマンションでもしっかりやってくれるだろうと思うものです。

しかし、大事なことは管理物件の数ではなく、自分のマンションをきちんと管理してくれるかどうかでしょう。一人の担当者が抱える物件が多すぎるようだと、管理が手薄になってしまうリスクが上昇します

6.一部の意見だけで選ぶ

管理会社そのものの問題ではなく、管理組合内部の意思疎通ができていないと、変更後に住民間で問題が起きやすいでしょう

「同じ区分所有者なのに」という不満が残らないように、しっかりと話し合って選ぶべきです。

東京でおすすめの
マンション管理会社3選
口コミ・評判をチェック

東京のおすすめ独立系
マンション管理会社3選

マンション管理会社は、デベロッパー系と独立系に分類することができます。デベロッパー系のメリットは、ブランド力と安心感。一方、独立系は、デベロッパー系より割安なうえ、系列会社のしがらみがない分、公平な立場で柔軟に対応してもらいやすいメリットがあります。

このサイトは、柔軟な対応とコストカットを叶えたいという方のために、東京都の独立系マンション管理会社を徹底調査しています。東京でおすすめの独立系マンション管理会社3選をチェックしてみてください。

“対応力の高さ”に
定評がある

ウイッツコミュニティ
イメージ
引用元:ウイッツコミュニティ公式HP
(https://www.wits-com.net/)

現場の「困った」を
スピーディーに
解決する
対応力

  • 毎月の「理事長訪問」「全世帯アンケート」で、現場の声を素早くキャッチアップ!
  • 現場の状況に応じて、コスト削減策を提案

公式HPで
サービスを
見る

電話で問い合わせる

“創業60年以上”で
安心感がある

日本ハウズイング
イメージ
引用元:日本ハウズイング公式HP
(https://www.housing.co.jp/)

老舗企業
だからこその
安定した経営基盤

  • 創業60年以上、マンション管理に従事する老舗企業(2023年8月調査時点)
  • 豊富な管理実績に基づくサポート体制

公式HPで
サービスを
見る

電話で問い合わせる

“コミュニティ
形成”もサポート

ライフポート西洋
イメージ
引用元:ライフポート西洋公式HP
(https://www.lifeport-s.com/)

27種類以上の
ライフサービスで
住民の繋がりを醸成

  • クリーニング・文化教室など幅広いサービスを提供
  • 入居者の懇親会に参加し、コミュニケーションの円滑化をサポート

公式HPで
サービスを
見る

電話で問い合わせる

※選定条件:Googleで「マンション管理会社 東京」と検索し表示された全101社のうち、独立系の会社のみをピックアップ。独立系48社を下記の基準で選定しています(2023年6月30日調査時点)。
・対応力の高さ(顧客の声に迅速に応えてくれる会社)
└東京の独立系の会社で唯一、毎月の理事長・住民へのヒアリングを実施しており、かつ改善策を開示している会社を選定
・安心感(長年培ってきた経験がある会社)
└公式サイトに記載されている創業/設立年をもとに、経営年数が最も長い会社を選定
・コミュニティ形成サポート(住民へのライフサービスを数多く行っている会社)
└公式HPにて唯一コミュニティ形成サポートを掲載している会社を選定
チェック

独立系とデベロッパー系
どちらが良い?

「独立系」と「デベロッパー系」、それぞれのメリット・デメリットを正確に理解することが、失敗しないマンション管理会社選びの第一歩です。

メリット・
デメリットを見る