サイトマップ

知名度よりサービスの質が重要!マンション管理会社の選び方。 堅く選ぶ!本当に頼られるマンション管理会社Navi

メインビジュアル
マンション管理会社Navi HOME
理事さん必見!マンション管理会社の正しい選び方

理事さん必見!マンション管理会社の正しい選び方

このカテゴリーでは管理組合の理事さんにとって気になるマンション管理会社選びで失敗しないための注意点など役立ち情報を紹介しています。

マンション管理会社の特性、費用、評判などを見極める

不動産管理

マンションを購入する際は高い買い物という意識もあって、物件を細かくチェックしたり、不動産会社を複数比較したりしますね。
それが管理会社となると、分譲時に紹介された会社を疑問も感じず受け容れてはいないでしょうか?

 

しかし、実際に生活を始めてみるとマンション管理会社のサービス品質によって満足度は大きく変わってきます。
そんなとき、管理組合としては管理会社と業務改善コスト削減の交渉をしたり、場合によってはリプレイスを検討することもあるでしょう。

 

そこで、詳細ページではマンション管理会社特性管理費相場サポート内容などを紹介しています。
これらは現在の業者を正しく評価するためにも知っておきたい基礎知識です。

 

また、自分たちのマンション以外では管理会社に対してどのような評価をしているのか、口コミ掲示板の情報をチェックすることも大切なので覚えておいてください。

 

独立系とデベロッパー系、どちらが良いのか

マンション管理会社には独立系とデベロッパー系という二つの種類が存在します。

 

このうち独立系とは経営母体となる親会社を持たず、文字通り独立してマンション管理を行っている会社です。

 

一方でデベロッパー系はそれとは逆に何らかの親会社を持っている企業を指します。

 

一般的にデベロッパー系の場合、マンションの分譲開発などを行っている企業が親会社となっているケースが多いようです。

 

独立系とデベロッパー系とにはそれぞれ異なったメリット・デメリットがあり、またそれぞれの企業ごとにもサービス面で多種多様な違いが存在するのですが、コスト面や業務内容の公平性という観点では独立系に軍配が上げられるケースが多いようです。

 

費用は適正か?管理費の相場を知っておく

マンション管理費の相場に関してはその規模や立地などにより、一定の傾向が見て取れるのは確かです。

 

まず戸数や階数などの「大きさ」という点に着目した場合、「中規模」マンションは比較的管理費が安くなる傾向があり、小規模あるいは大規模なマンションは割高になっていく傾向があります。

 

また最寄り駅からの距離という観点に着目をした場合には例外も多いのですが、駅から遠いマンションほど管理費が安くなる傾向が見て取れます。

 

さらにエリアという観点から管理費を見た場合、首都圏であれば都区部を中心としてそこから離れるほど管理費は下がる傾向があります。

 

その他の観点としてはエレベーターの有無など設備の違いも管理費に影響します。

 

サポート内容を確認する

マンション管理会社を選ぶ場合には、それぞれの会社ごとのサポート内容も非常に重要なポイントとなります。

 

管理会社によるサポート内容は具体的には事務管理や管理員の配属、清掃、建物・設備管理、緊急対応などがありますが、会社によってもその内容は微妙に異なってくることがあるので、細かい部分にまで注意が必要です。

 

また近年ではマンション内での入居者トラブルが増加をしているということもあり、通常の管理会社とは別にトラブル管理会社と別個に契約を行うケースも増加をしております。

 

管理組合からの評判は?

マンション管理会社を選ぶ際に参考となる情報源として、近年では口コミサイトが利用されることが多くなりつつあります。

 

口コミサイトでは管理会社にとって必ずしも好意的ではない意見も掲載されるため、その会社の表向きの顔だけではない実像を知ることができる場合もあります。

また、口コミサイトを利用する際、特にチェックをした方が良いポイントとしてはフロントマン、報告書や議案書などのクオリティやトラブルへの対応力などが挙げられます。

 

マンションの住み心地の良さは管理会社の優秀さにかなりの部分依存している面があるため、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

国土交通省の情報もチェック

マンション管理会社の選定をする際、意外にも見落とされがちなのが国土交通省サイトなどの情報です。

 

マンション管理会社は原則的にすべて国土交通省に登録を届け出る必要があるのですが、国土交通省サイトではその際に割り振られた登録番号を検索することによりそれぞれの会社の情報を閲覧することが可能になります。

 

その情報には例えば業務停止処分などの監督処分等情報といった会社にとっては不都合な情報も掲載されているため、契約を検討している会社がある場合にはぜひとも事前に確認をしておくことをおすすめいたします。

管理会社変更の流れや注意点

マンション管理会社を変更する際には、一般的にいくつかの手順を踏まえる必要があります。

具体的にはまず変更理由となり得る問題点を指摘し、それを理事会へ提起します。ただし理事会はそうした問題点の指摘があった場合、住民からの意見を聴取した上でそれが事実であるかを判断し、その上で現在の管理会社に改善要望を行います。

 

そしてその上で改善がなされなかった場合に初めて総会に問題点の提出を行い、理事会での決議を行うのです。

 

このように見ていくとわかるように、管理会社の変更は管理組合の意向が重視されるため、そう簡単なこととは言えず、手続きなどにも時間を必要とします。

管理会社の特徴を調べる方法

マンション管理を行っている会社にはさまざまなところがありますが、それらの提供しているサービスには細かな部分で違いが存在する場合もあります。

 

それらを調べ比較していく方法としては、地道な作業ではありますがそれぞれの会社のホームページを見ていくという方法が挙げられます。

 

各管理会社のサイトではそれぞれの物件のタイプに適したプランの提案なども行っておりますのでぜひ参考にし、管理会社の選定や見直しなどに役立てていくと良いでしょう。

マンションを管理会社に委託するメリット・デメリット

現在ではほぼすべてのマンションが外部のマンション管理会社に対し管理委託を行っています。

 

マンション管理業務のうちでも代表的な事柄として挙げられるのは家賃徴収ですが、実際にはそれ以外にも多種多様な業務が存在しており、それらに関して必要とされる知識も少なくはありません。

 

管理委託は、こうした手間をアウトソースすることにより、マンションオーナーや理事会員などにとって多大なメリットがあります。

 

また近年ではそういった委託に際して必要になるコストを削減するため、全面的な委託ではなく部分委託を行うことを選択されるケースも増加しております。

マンション管理会社を変更して管理費削減!事例も紹介【東京】

少々意外かもしれませんが、マンション管理会社に管理委託をする際の費用が適正価格よりも高く設定されているというケースは少なくありません。

 

これは分譲マンションの場合、いつの間にか成り行きで会社が決まってしまうことがあり、さらには管理会社間で適正な競争が働いていないなどの原因があると考えられます。

 

もし現在のマンションの管理費用が高すぎると感じられる場合には、管理会社の変更を視野に入れた方が良い場合もあります。

 

実際にこうした変更をしたことにより、年間数百万単位での費用削減に成功したケースも多く、検討をしてみる価値は十分にあると言えるでしょう。

マンション管理会社のフロントマンについて知っておくべき2つのこと

マンション管理会社を選定する際の重要なポイントの一つとしては、会社から派遣されるフロントマンの質の高さが挙げられます。

 

フロントマンはマンション管理を実際に行っていくにあたり、居住者と管理会社の間に立ってさまざまな連絡事項の取次や資料作成、スケジュール調整などを執り行います。つまりフロントマンの能力次第でマンション管理のあり方も大きく変わってくる可能性が高いのです。

 

良いフロントマンのいる管理会社を見つけるポイントとしては、「管理業務主任者」の資格を持っているか、フロントマンの携帯電話番号を開示しているかなどがあります。

管理費滞納を解決してくれる東京のマンション管理会社の3つのポイント

マンション管理を行う上で大きな問題となりがちなのが居住者の管理費滞納です。管理費滞納の時効は5年であり、それ以降を過ぎると未納分を支払ってもらえなくなるため、未納者に対しては少しずつでもその支払いをしてもらわなければなりません。

 

マンション管理会社にはこういったトラブルに対して

  • 滞納金額が大きくなる前に対処する
  • 督促状の送付、電話や訪問による督促をする
  • 必要であれば法的措置を取ることが要求されます。管理会社を選ぶ際にはこういったトラブル対応力に関しても事前にチェックをしておくことをおすすめいたします。

マンション管理会社の重要事項説明書・契約書の要確認項目を解説

マンション管理会社と契約を行う際には、契約書や重要事項説明書などにおいていくつか事前にチェックするべきポイントがあります。

 

まず基本的なこととしては、その管理会社が提供しているサービス内容や更新の際の手続き方法などが挙げられます。管理会社の契約は1年ごとの更新が多く、更新の意向がある場合にはその旨を前もって伝える必要があります。

 

その他にもさまざまなチェックポイントがあります。こうしたポイントをしっかりと確認しておくことが、マンションの資産価値を維持する上においても大変重要な意味を持つのです。

このサイトについて

サイド

マンションの管理会社の新規依頼・見直しを考えている理事さんのために、認知度は低くても満足度が非常に高いと評判の独立系管理会社を紹介しています。

コンテンツ