サイトマップ

知名度よりサービスの質が重要!マンション管理会社の選び方。 堅く選ぶ!本当に頼られるマンション管理会社Navi

メインビジュアル

大規模修繕

ここでは、マンション管理会社の大きな仕事の一つである、大規模修繕について説明します。

大規模修繕はマンション管理会社の技量が問われる

マンションは、時間とともに老朽化していくものです。必要に応じ、大規模修繕をしなければ、快適な住環境を維持することはできません。

 

しかし、大規模修繕には大金がかかります。
そのために、組合員は長期修繕積立金を納入しています
将来に生じうる大規模修繕に備えて、定期的に修繕費積立金の再考を提案するのも、マンション管理会社の仕事の一つです。
いざ大規模修繕が必要となったときに、お金が足りないとなっては、管理会社の能力が問われます。

 

住民に新たな負担や不安を与えず、スムーズに必要な部分だけの修繕を適正な費用で実施する。
これは管理会社として当然の仕事です。
しかし、実際のところ、言うほど簡単な仕事ではありません。
すなわち、大規模修繕とは、管理会社としての専門能力が問われる大きな仕事の一つなのです。

大規模修繕の実施の流れ

建物も、天候などの自然現象も、言うなれば生き物です。
常に一定のスピードで老朽化が進めば、大規模修繕に備えた長期修繕積立金も計画が立てやすいのですが、そうもうまくは行きません。
そのため、マンション管理会社は、3年~5年のスパンで、定期的に修繕費の見直しを図ります
誤算の許されない重要な仕事です。

 

積立金の額に変更があれば、専門のコンサルタントに修繕の必要性と必要な箇所、概算費用を出してもらい、管理組合などに提案します。
コンサルタントの意見に対し、管理会社は御用聞きのような立場であってはいけません。
本当にそれぞれの箇所に修繕が今必要なのか、あるいは費用は相場通りなのかなど、しっかり確認を取ります。

 

次に行う作業は、実際に工事が必要であれば、管理組合や総会、理事会などを通じて、施工業者の選定補助作業です。
少しでもコストを低めに、なおかつ確実な施工をしてもらえる業者選びをするために、管理会社は各種の補助をしながらも、候補となる各施工業者のプレゼンも実施しているのです。
工事終了後の将来的な修繕費のコスト削減のために、LEDライトの採用なども検討・提案してくれる管理会社もあります

 

適切な長期修繕積立金計画、適切な修繕提案、将来的な組合員のコスト削減、将来的な資産価値の向上など、専門家としての立場から大規模修繕の提案をしてくれるのが、マンション管理会社です。