賢く選ぶ!本当に頼れるマンション管理会社【東京編】/マンション管理会社がやってくれる仕事内容/改修工事と修繕の違い

改修工事と修繕の違い

マンションの資産価値を維持するために、改修工事は欠かせないものです。ただ、修繕と改修を混同している人も多いことでしょう。ここでは、修繕工事と改修工事の違いとマンション管理会社が行うサポート内容をご紹介します。

マンションの資産価値を高めるために修繕・改修工事は必要

改修工事は、大抵大規模修繕工事と同時に行われるケースが多いです。そのため、同じ意味合いにとらえがちですが、工事目的で見てみると全く異なります。

似て非なるもの【修繕工事と改修工事の違い】

修繕工事

平たく言えば、建物の劣化を食い止めるための工事を指します。ちなみに、修繕にはいくつかの種類があります。

細かい劣化や不具合を見つけてすぐに改善するのが「小修繕」。大規模修繕とかかわりが深く一定の年数で計画的に行う「計画修繕」があります。これらの作業を使い分ければ、建設当時の建物状態を維持し続けられます。

改修工事

改修の場合は、建物の性能や機能性をグレードアップさせる工事を指します。一般的に、屋内システムの一新は勿論、部屋のデザインやシステムを現在のニーズに合わせて住みよい居住空間に整えてくれます。

現在の水準に合わせて改修を行えば、建物そのものの資産性を落とさずに済みます。

修繕・改修工事を行う際のマンション管理会社のサポート

修繕工事サポート内容

管理会社では、修繕の経緯・建物の特徴や状態など、知り得る情報を元に適切な修繕工事計画を立ててくれます。

建物を管理してきたからこそ、建物の状態を細かく把握できているので、状態に見合った修繕工事プランを提案してくれます。

改修工事サポート内容

建物の利用面を良くする工事だと、築年数や現在の居住者の年代・性別の傾向を考慮し、ニーズに合わせた工事計画を立ててくれます。

防災関連の工事は、地震などの災害に対する建物の耐久性を調べます。また、建物内にどれ程の消防設備が整っているか調査も行います。

調査結果を踏まえた上で、それに見合ったプランを提示してくれます。

改修工事と修繕工事は切っても切り離せない

「改修」と「修繕」は、工事目的や内容は違いがありますが、双方とも切っても切れない関係にあります。

修繕工事は、毎回建物の劣化度合いが異なるので、前回と異なる内容の改修工事を行う必要があります。

回数 工事内容
1回目 建物の外部改修
2回目 建物内部の付属部品・部材の更新
3回目 建物内部の主要機能・部材の更新

場合によっては、省エネ化や耐震補強工事など、時代のニーズに適した工事も必要です。

確かなのは、工事の回数を重ねる毎に必要な費用が増してしまうこと。住みよいマンションにするために欠かせない工事なので、費用負担を減らすためにロードマップを作っておくと良いでしょう。