サイトマップ

知名度よりサービスの質が重要!マンション管理会社の選び方。 堅く選ぶ!本当に頼られるマンション管理会社Navi

メインビジュアル

マンション管理人の仕事とは

マンション管理人を配置することのメリットを解説し、管理人がどのような仕事を行っているのかを確認します。

マンション管理人が仕事をすることで生じるメリット

小規模なマンションであれば、家主が建物全体の管理を行う例も多く見られます。
しかし、ある程度、規模の大きいマンションになると、やはり専門職の管理人を配置するほうが良いでしょう。

 

マンション管理員を配置することの主なメリットは、第一にセキュリティ面です。
日本の警備業界には、見せる警備という言葉があります。
近くに人がいるという、ただそれだけで犯罪を大きく抑止する効果があるのが日本人の特徴です。
管理室に人がいるだけで、犯罪の大きな抑止効果となります。

 

また、日常的な受付や設備点検などを行っている点も、管理人がいることの大きなメリットです。
建物の中に入れたくないもの、たとえばセールスマンやチラシ配布員、不詳人物などを、入り口の段階でシャットアウトしてくれるだけでなく、共用部分の設備なども日常的に点検し、不具合があれば修繕の依頼を代行してくれます。
さらに、マンション管理上の各種書類などについても、厳重な管理で保管してくれるので安心です。
マンション全体に関わる大切な契約書などは、組合員などではなく、第三者である管理会社が保管するほうが良いでしょう。

 

そのほかにも、管理人がいることのメリットは多くあります。
マンションを新たに探すという場合に、管理人がいるかどうかを選ぶ基準にしている人もいるほどです。

管理人の具体的な仕事内容

マンション管理人には大きく分けて、以下の4つの業務があります。

  • 受付
  • 点検
  • 立ち合い
  • 報告・連絡

大きなマンションの入り口に管理室があり、まるで会社の受付のような感じで、建物へ出入りする人を管理している場合があります。
セキュリティをはじめ、あらゆる意味があって管理人には受付業務が委託されています。
設備などの日常点検を行うのもマンション管理人業務の一つです。
なんらかの故障や破損が見つかった場合、または住民からそのような報告を受けた場合には、専門業者による修繕に立ち合います。
これら管理に関する一連の流れを書類にまとめ、報告や管理をするのも管理人の業務です。

 

なお、緊急事態が生じた場合には、勤務時間に関係なく管理員が事態に立ち合います
このように、マンション管理人とは、住民に事故やトラブルもなく、安心して快適に日常を過ごすための陰の功労者と言えるでしょう。