サイトマップ

知名度よりサービスの質が重要!マンション管理会社の選び方。 堅く選ぶ!本当に頼られるマンション管理会社Navi

メインビジュアル

設備保守

建物を維持するための大切な業務、マンション管理会社が行う設備保守業務を解説します。

マンション管理会社による設備保守業務

設備保守とは、マンションで暮らす住人の生活と安全、快適性を守るために必要不可欠なもの。これらがストップしてしまえば、住みにくいだけでなく、マンションそのものの維持に関わってくる、重要な管理業務になります。

マンション管理会社によって行われる設備保守業務には、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

  • マンション維持の基幹に関わるもの(基幹設備保守)

変電設備、ガス設備、給排水ポンプ、貯水槽、建物の強度などを保守管理する業務です。これら基本的な設備保守に不備があった場合、住人の生活自体が止まってしまう、いわばマンションの根底を維持する業務です。日常生活に支障をきたさぬよう、日々、点検・試運転などを行います。

  • 住人の安全に関わるもの(安全設備保守)

マンションの設備によって住人がケガなどをしないよう、全体の安全を維持する業務です。エレベーター、駐車場、消火・防火設備、各種警報設備、避難設備などが、保守すべき主な設備となります。

マンションには子供も多く住んでいるため、設備の安全管理が主な業務内容の一つとなります。また、これらの設備は、緊急事態に作動しなければ意味がありません。異常がないか、毎日の点検も欠かせません。

  • 住人の快適な生活に関わるもの(環境設備保守)

マンションやテナントの個室内だけでなく、建物全体を快適な環境にし、住環境を整える設備を保守管理する業務です。

温度や湿度を調整する空調設備や湿度管理設備、共有部分などの照明機器に異常がないか、常に確認をします。

住人の「普通の」生活は日々の保守業務で守られている

自宅マンションに帰宅したときのことを想像してみましょう。

明るいエントランスから入り、エレベーターで自宅のある階まで行きます。部屋に入れば電気をつけ、お風呂をためて、食事を作り、水を飲み、テレビを観て、トイレに行く。

これら、普通と思える生活を当たり前のように送れるのは、保守管理があってからこそのこと。日々の基幹保守安全保守環境保守ができて初めて、住人の「普通の」生活が成り立っています。