サイトマップ

知名度よりサービスの質が重要!マンション管理会社の選び方。 堅く選ぶ!本当に頼られるマンション管理会社Navi

メインビジュアル

緊急対応

ここでは、マンション管理会社が行っている、様々な緊急対応業務について説明します。

緊急対応時におけるマンション管理会社が行う業務とは?

事故や火災、犯罪、設備不良など、マンションにおける非常事態は、予測が不可能です。こういった緊急時における管理会社の対応とは、どういったものがあるのでしょうか。

マンション管理会社の緊急対応業務は、大きく分けて以下の2つが挙げられます。

  • 管理人による緊急対応

管理人の勤務中に緊急事態が発生した場合、いずれの場合も状況の把握と記録が重要となっており、それと同時に、マニュアルに沿った適切な対応を即座に行います。

事故の場合には、負傷者の有無の確認や応急処置、救急車の要請を行います。火災の場合には、消火器などによる1次対応および、消防・レスキューなどへの連絡。犯罪も同様に、通報や記録が主な業務となります。

設備の故障については、提携業者等を呼び、修理に立ち合うなどの対応を行います。

  • 遠隔地監視による緊急対応

管理人不在となる、休日や深夜などに緊急事態が発生した場合、マンション管理会社による「遠隔地監視システム」で緊急対応を行います。

住人の安全を守るために、基本的には24時間365日対応。管理人が勤務中のときと同様、事故や火災、犯罪、設備故障など、あらゆる不測の事態のために、備えられたシステムになります。

もちろん共用部分だけでなく、戸別の室内で発生した緊急事態にも対応。たとえば、火災発生の可能性がある緊急信号を受信した場合、即座に提携警備会社に連絡が行き、警備員が現場に急行。警備員によって1次対応がなされる、という仕組みになっています。

また、24時間コールセンターを設けることで、犯罪などはもちろんのこと、水回りトラブルにまで戸別の対応を行う管理会社もあります。

緊急対応システムで安心の暮らしを

緊急事態が発生すると、人はパニックになります。普段は冷静な人でも、事態に対する適切な判断、適切な動きが取れないことも少なくはありません。

しかし、マンション管理会社による、こうした緊急対応システムがあれば安心です。たとえ予期しない事態が発生したとしても、マニュアルに従い、迅速に、もっとも適切な対応を行ってくれます。