サイトマップ

知名度よりサービスの質が重要!マンション管理会社の選び方。 堅く選ぶ!本当に頼られるマンション管理会社Navi

メインビジュアル

防犯対策

マンションに住む人の、安全と安心を守る「防犯対策」。そのために、マンション管理会社がどのような業務を具体的に行っているか解説します。

マンション管理会社が行う防犯対策業務をご紹介

住人が安心して暮らすために不可欠な、マンションの防犯。

防犯対策業務の一環として、マンション管理会社は、犯罪を起こすこと自体が躊躇されるような、各種設備の設置を行います。

また、管理人不在時でも、遠隔監視システムでマンションを見守るため、警備会社など他業者との連携をとる場合がほとんどです。

では、具体的にマンション管理会社では、どのような防犯設備の設置と遠隔監視システムを導入しているのか、見ていきましょう。

  • 防犯設備の設置

主な防犯設備として、オートロック、監視カメラ、赤外線センサー、センサーライト、明るい照明、容易な侵入を許さないための柵などが挙げられます。これらが実際の犯行を防止し、犯罪をあらかじめ抑止することに効果があります。

こうした防犯設備を設置することおよび、それらが正常に作動するかどうかを日常的に点検することも、マンション管理会社の業務です。

  • 遠隔地監視システム

犯行におよぶ可能性のある人物を特定し、万が一起こってしまった犯罪に対して被害を最小限に食い止めるため、マンション管理会社では24時間365日、遠隔地監視システムを稼働させています。センサーなどで異常信号を自動受信した管理会社は、すぐに提携警備会社および警察等へ連絡をする流れとなっています。このシステムにより、犯罪の早期解決にも役立っています。

マンション管理会社からの防犯指導を遵守する

犯罪を防ぐには、犯行におよぶ隙を与えないことが大切だといわれています。そういった意味からも、住人自体の防犯意識の向上も、防犯対策として重要とされています。

2014年にとられたあるデータによると、マンションの4階以上で発生した空き巣事件のうち、約47%は正面入り口からの侵入でした。これは、高層階であるという安心感や、住人の防犯意識の希薄さを物語っています。

そのためマンション管理会社では、住人の防犯意識を高めるために、さまざまな注意喚起も行っています。このような人への啓蒙活動も、マンション管理会社の防犯業務の一つとなっています。