サイトマップ

知名度よりサービスの質が重要!マンション管理会社の選び方。 堅く選ぶ!本当に頼られるマンション管理会社Navi

メインビジュアル

清掃

マンション管理会社の仕事のひとつ、清掃業務について説明します。

マンション管理会社が行っている清掃業務は3つ

マンション管理会社は、大きく分けて以下の3つの清掃業務を行っています。それぞれの業務について、具体的に見ていきましょう。

  • 日常清掃業務

住人が日々利用する、マンションの共有部分。たとえば、エントランスや階段、廊下、駐車場、自転車置き場といった場所は、人が行き来する頻度の多い場所になります。そのため、ほこりやゴミが溜まりやすく、ほぼ毎日と言っていいほど清掃しなければいけません。単に掃き掃除や拭き掃除のみならず、必要に応じて、大型の清掃機材や特殊洗剤なども用います。また、ゴミ集積所の管理も行います。

住人にとってみれば「もっともよく見かける、管理人の仕事」ともいえるでしょう。住みやすいマンションを維持するための、重要な業務のひとつです。

  • 定期清掃業務

日々、徐々に蓄積する汚れなどは、専門スタッフによる定期的な清掃が必要となります。

床や壁は、たとえ毎日掃除をしていたとしても、ほこりや砂塵ではない汚れが、少しずつ蓄積してきます。定期的に特殊な掃除をしなければ、汚れが素材に沈着、除去できなくなってしまいます。

また、商業ビルなどの場合には、高所からの吊り下げで壁や窓の清掃を行います。入居するテナントによっては、ネズミやゴキブリの駆除を定期的に実施する場合も。

これら定期清掃業務は、基本的に管理会社の専門スタッフによって、行われます。

  • 特別清掃業務

日常清掃や定期清掃では、除去しきない汚れのための業務である特別清掃。一般的に、マンションや管理会社側からの、要望・提案によって行われます。

廊下や階段の壁に付着した積年の汚れや、ステンレス部分の金属変質による汚れなど、これら特別な汚れは、専用の機材・洗剤で洗浄しなければ、除去することはできません。

とくに大きく美感を損なうものではないので、マンション側や管理会社と合意があった場合にのみ、行われます。

定期的に清掃研修を行う管理会社もある

マンションの共有部分は、特殊な場所や形状、材質である場合が非常に多いです。

そのため、私たちが想像する「単純な掃除」で済むことは、そうありません。さらに、作業をする際には、安全への配慮も絶対不可欠となります。

マンション管理会社の中には、管理人に対して清掃業務の定期研修を行っている業者もある程なのです。

住人にとって、気持ちよく暮らせる環境を整えること」は、管理会社を選ぶ際においても、重要なポイントのひとつだといえるのではないでしょうか。