賢く選ぶ!評判のマンション管理会社ランキング

サイトマップ

メインビジュアル

独立系とデベロッパー系の違いで考えるマンション管理会社選び

管理組合の理事でマンション管理会社の新規委託や見直しを考えている方が業者選定で検討すべきは、まず独立系かデベロッパー系かの二択。大手デベロッパーのマンションなら最初に紹介されるのはそのグループ企業のデベロッパー系管理会社でしょう。

一方、独立系はマンション管理業務に特化した専門会社で、親会社からの紹介ではなく独自の営業力で管理業務を受託しています。
両者のメリットデメリットを整理してみました。

  メリット デメリット
デベロッパー系 系列会社が建築しているので建物の詳細情報を得やすい
大手なので経営基盤が安定している
大規模マンションが得意
新築段階から管理会社が決まっているうえ、管理会社を変更しにくい
子会社という立場上、デベロッパー側の立場に寄りがち
独立系 コスト面はデベロッパー系より割安
しがらみがない分、公平な立場で柔軟に対応してもらえる
小・中規模マンションを得意としているが、大規模マンションにも対応
コスト優先が過ぎるとサービスの品質に影響することも…

不動産オーナーや組合理事、住民・入居者の中にはデベロッパー系の知名度に安心感をおぼえる方も多いかもしれませんが、コスト削減や効率化、柔軟・親身な対応といったサービス品質を重視するなら独立系がおすすめです。
特に、実際に業者見直しをしたオーナー・管理組合理事の評判を見ると、独立系管理会社の成果や実績がわかります。

 

口コミによると、デベロッパー系の管理会社は大規模マンションを得意としているため、50戸以下の小規模マンションには担当をつけなかったり、新人を担当にするケースも見られるのだとか…
特に中小規模のマンション・不動産物件の管理組合なら、ぜひとも一度独立系管理会社に相談してみてください。

 

おすすめの独立系マンション管理会社ランキング in 東京

ここでは、東京や関東近郊における独立系マンション管理会社の中でも、特に注目の5社をピックアップ。そのサービス内容や強みと、マンションオーナー・管理組合理事さんからの評判を独自評価し、その実績をランキングにしました。

 

1位 リプレイス

株式会社リプレイスのロゴ
リプレイスの詳細はこちら

 
ここがリプレイスの強み!
業界歴10年以上という、実績ある管理業務主任者が圧倒的に多い 独自のマネジメントシステムを使って、他社にはない詳細な月次報告書を作成してくれる オーダーメイドで高効率の管理計画を策定してくれる 365日24時間対応のサポート+警備会社の監視システムとも提携 管理組合の担務についても相談でき、柔軟かつ親身な対応が評判 管理業務主任者の他、マンション維持修繕技術者など有資格の専門スタッフが豊富 事務・設備管理、管理員、清掃まで管理業務をフルサポート対応 東京に本社を構え、横浜にも支社を持っている
管理組合・理事さんからの評判は?
他の独立系管理会社からリプレイスに変更をしたのですが、年間にして約72万円の管理委託業務費用を削減することに成功しました。 共用部分に電子ブレーカーの導入を提案していただき、電気料金を年間17万円超も削減することができました。 住民や入居者による敷地の草刈りを支援していただきました。外注費が削除できたうえ、事後のバーベキュー大会開催もサポートしていただきました。
 

2位 日本ハウズイング

日本ハウズイングのロゴ
日本ハウズイングの詳細はこちら

 
ここが日本ハウズイングの強み!
全国各地をはじめ、東京都内においても複数の支店スタッフが、地域密着型で管理業務に対応 収納口座と保管口座を分けるなど会計システムがわかりやすい 細部まで徹底した清掃や点検作業に対応 豊富な管理実績で培ったノウハウで効率的な修繕計画を提案してくれる 暮らしのトラブル対応やサポートなど、評判の高いオプションサービス
管理組合・理事さんからの評判は?
3社目の業者変更です。日本ハウズイングを選んだ理由は価格競争力とプレゼン能力。そして清掃はトップクラスの質だと思います。 住居と商業施設が同居する複合施設で、清掃に不満を感じて日本ハウズイングに変更。現在は清掃が行き届くようになりました。
 

3位 合人社計画研究所

合人社計画研究所のロゴ
合人社計画研究所の詳細はこちら

 
ここが合人社計画研究所の強み!
少数担当制度やISO9001認証取得などでサービスの質が高い17万戸超の管理戸数によるスケールメリットで外注費の削減率アップ 事務処理の効率化のため自動化、人件費を圧縮 本社が広島のため事務部門の人件費が東京や首都圏より安価 設計事務所、計画コンサルタントのノウハウを活かした業務対応をしてくれる
管理組合・理事さんからの評判は?
管理会社を公募して20社の中から合人社に決定しました。変更後はコスト削減による管理費勘定の黒字化にも成功しました。
 

4位 ユニオン・シティサービス

ユニオン・シティサービスのロゴ
ユニオン・シティサービスの詳細はこちら

 
ここがユニオン・シティサービスの強み!
管理組合アンケート・環境向上委員会などでサービスの改善に取り組んでいる東京・神奈川・埼玉・千葉の範囲で商圏を絞り込み地域密着型サービスを提供管理受託の約7割という比率が業者変更という実績あり独自ノウハウを詰め込んでマニュアル化した高品質な清掃業務を行っている管理費や修繕積立金の滞納は無期限で回収をサポート
管理組合・理事さんからの評判は?
業者変更時には12社が入札する中、報酬金額が明確なことなどからユニオン・シティサービスに決定しました。
 

5位 サニーライフ

サニーライフのロゴ
サニーライフの詳細はこちら

 
ここがサニーライフの強み!
委託料減額や経費見直しなどコスト削減に積極的に対応してくれる管理費未収者への督促や徴収が徹底している365日24時間体制のトラブル緊急対応サービスフロントマンは担当10棟程度で業務過多を抑えてサービス維持を図る建築士が30年の長期的修繕計画を作成し、大規模修繕工事では入居者や住民側に立って業者選定をサポート
管理組合・理事さんからの評判は?
※管理組合にお金を残すことを企業姿勢としている点がとても評判のようです。
 
 

注目は、その名も「リプレイス」というマンション管理会社

「株式会社リプレイス」公式サイト独立系の中でも名前のよく知られたマンション管理会社を押しのけてランクインしている会社、「株式会社リプレイス」とはどのような実績をもつ会社なのでしょう。
当サイトが注目する理由を4つ、解説していきます。

 

業界歴は最低でも10年以上!経験豊富な有資格者が担当

マンション管理業務の管理業務主任者は有資格者が担当していますが、同社は全員が業界歴10年以上の経験と実績を持っている点が特徴。
業者側の画一的なサービスではなく、オーダーメイドで物件の管理計画を策定し、ベテランならではの対応とコンサルティングをしてくれるので、多くの管理組合から高い評価と評判を得ています。

 

他社とは違う詳細な月次報告書により、コスト削減

株式会社リプレイスでは、リプレイスマネジメントシステムという独自システムを採用。作業内容をとても詳細にチェックすることができる月次報告書を提出してくれます。
これによって、無駄や課題の洗い出しが細かくでき、効率化を図れるようになるので、コスト削減や業務改善にも大いに役立ちます。

 

地域密着型!サポートは365日24時間対応、二重のセキュリティ体制

もちろん、トラブル対応などのサービスは、コールセンターにて365日24時間対応。
さらに警備会社と提携してオンラインの監視システムでも常にセキュリティチェックする二重体制なので、入居者や住民の方は安心できるでしょう。
また、営業体制としては地域密着型で、東京都内はもちろん首都圏における営業拠点付近のマンションではスピーディな対応ぶりも評判が高くなっています。

 

契約内容外の対応も含めて親身かつ柔軟な会社

多くの物件管理会社は契約内容の業務には対応するものの、一般的に組合の仕事になる部分にはタッチしません。
その点、株式会社リプレイスでは親身で柔軟な対応をしてくれるのがポイントです。
例えば、多く聞かれる話が入居者の飼うペットの問題。万が一住民間のトラブルが発生した場合、大手だと対応されないことが普通ですが、同社では組合をサポートして仲裁に入るといった対応も可能となっています。
こうした対応実績やサービスは、実際に管理業務を委託した組合からは高く評価されているのです。
なかには、感謝状を贈っている管理組合もあるそうですよ。

 

管理組合から評判の良いマンション管理会社

矢印

「株式会社リプレイス」の管理業務の詳細はこちら>>

 
 
 
 

各コンテンツから東京のマンション管理会社事情を知る

 

家賃収入をアップさせたい東京のマンション不動産オーナーにとって、何よりも失敗したくないのがマンション管理会社選びです。
しかし、業者の1から10までを知ることはなかなか難しく、知名度や分譲時に紹介された会社を選んでしまいがち。いくら知名度が高い不動産管理会社であったとしても、入居者にとって満足のいかないサービス内容であった場合には、空室・入居率の低迷や家賃滞納といった事態を招きかねません。
そこで、正しいマンション管理会社の選び方を、各コンテンツごとに詳しく解説。マンション管理の理事やオーナーの方が知っておくべき、評判が高く実績ある管理会社各社のサービス・強み、その仕事内容までをまとめました。

 

理事さん必見!マンション管理会社の正しい選び方

 

管理会社の選び方によっては、サービスの内容や満足度も大きく異なり、それは家賃収入の増減にもつながります。
不動産業務の見直しやコストの削減、業務の効率化はもちろん、入居者への対応力といった実績も考えなければいけません。
このコンテンツでは、不動産オーナーとして、どういったポイントに注目し管理会社を選ぶべきか、徹底的にまとめました。
はたして、独立系やデベロッパー系など、会社の経営形態でどのような影響があるのか。また、管理費相場や、サポート内容、評判をふくめ、管理会社を変更する際の注意点も解説。理事の方にとって見逃せない内容となっています。

強み別マンション管理会社BEST3

 

マンションや物件の管理において重要なのは「経験」や「営業力」それに加え、物件管理者やオーナーによる「評判」になります。この3つの項目に強みを持つ会社を、それぞれ3社ピックアップ。
各企業の特性や実績、対応力を知り、実際の評判を参考に、マンション管理会社選びの参考にしてください。

 

いま注目の独立系マンション管理会社一覧

 

管理会社を比較し見直すことで、コストの大幅な削減はもちろん、物件管理における効率化、入居者にとっての住み心地に大きな変化をもたらします。さらに、大規模な改修工事を予定している場合は、専門家のサポートが絶対不可欠。
ここでは、東京における独立系マンション管理会社を主に、不動産オーナーから評判のいいオススメの8社をご紹介します。

マンション管理会社がやってくれる仕事内容

 

所有する不動産を有効に活用したいのであれば、管理会社に任せるのが賢明です。
では、そのサービス内容とは一体どのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、管理会社が行う一般的な業務内容を解説。事務をはじめ、大規模修繕や清掃、緊急時の対応、設備保守、大規模修繕にくわえ、防災・防犯対策までを徹底的にまとめました。
いずれも、物件オーナーの方や管理組合のみでカバーできる量の仕事ではありません。物件の維持と管理業務の効率化は、資産価値を保つことにもつながります。
このコンテンツで、より管理会社の業務を理解し、賢く納得のいく選び方を知りましょう。

以上の4つのコンテンツを、ぜひ賢いマンション管理会社選びの参考にしてみてください。

家賃滞納や空室対応の保証は?

 

管理会社による業務は、建物の維持や保守のほかにも「入居者管理」というものがあります。
セットで扱っている業者もあれば、どちらかを専門的に行っている会社も。具体的には、家賃などの滞納金回収、空室・入居率に対する対策、また入居者間のトラブルにまで対応するケースも。マンションの住人が、いかに快適な生活を送ることができるかをサポートします。
中でも、家賃滞納などにおける「滞納保証」や、空室がある場合における「空室保証」といった、保証サービスを行う管理会社も。家賃収入がメインとなるマンション経営において、このような保証も考えるべきポイントにはなります。
しかし、家賃滞納や空室問題、入居者トラブルは必ず起こるとは言い切れません。万が一に備えての保証も大切ですが、このようなトラブルが起きないよう、日々の管理を徹底することが最も重要だといえます。
保証サービスは参考程度に考え、日常における管理サービスの向上を考え、管理会社を選ぶべきだといえるでしょう。